男性は不倫をして、奥さんとの結婚生活を送り続ける人と離婚をして彼女と一緒になる人がいます。

それは、それぞれのタイプで分かられるのではなく、不倫相手になる女性によって未来を変えることになるのです。そこで今回は、離婚してでも一緒になりたい女の特徴についてご紹介します。

一緒にいて居心地のよい女性

距離感を保てる女性はモテます。結婚していたとしても彼の一人の時間を邪魔せず、そっとしておける人は「居心地がいいなぁ」と思われます。

これは言い換えると「頑張らなくていい、自然体で一緒にいれる女性」という事ですね。
今の家庭がうまく言っていない中で、一緒にいるだけで心安らいだり、活力になるというのは男性にとっても大きなプラスだと思います。
特に仕事へのプライオリティが高い男性にとっては、「プライベートにストレスがない」というのは理想です。
不倫中の女性は、無理に楽しもうとしたり、盛り上げたりするより、相手が(自分も含めて)一番気持ちよく過ごせる空気感でいつづける事を心がけていただきたいですね。

仕事の話ができる女性

男性の中には、女性と仕事や経済の話をしたいと思う人が多いです。「奥さんには全く仕事の話はしない」という人が多く、仕事でのストレスを吐き出したり、悩みを相談する相手に女性がなれると、男性にとっての重要性が一気に増すということですね。

女性にアドバイスを求めているわけではないと思いますが、難しい単語でも理解してくれる人にはどんどん話したいなと思うようです。将来を共にする女性には、なんとなく自分の仕事の話を理解してほしいものです。

彼の過去を理解してくれる女性

良い過去も悪い過去も、そして今の奥さんと結婚を決意した過去さえも受け入れられる女性は、懐の大きな女性です。

女性側の不倫相談を聞いていると「離婚した後は子供には会って欲しくない」という方も少なくないんですが、男性からすると、家庭としては継続できなかったけど、子供への愛情は別物という場合が殆どですから、その関係を拒否されてしまうと「次への一歩」は踏み出しにくいです。
「私とあなたのこれから」と「これまでの家庭」を別物として自分の中で整理できるとそれは男性にとっても、一歩を踏み出しやすくする要因になりますよ。

いつも楽しそうにしている女性

仕事もプライベートも楽しんでいる女性はモテます。いきいきしてるから輝いて見えますよね。

会話をする時にも笑顔でいてくれることで、自分のことを理解してくれている、認めてくれていると男性は感じますので、一種の安心感を抱きます。

包容力は男性だけでなく、女性からも感じることが出来るのです。そんな包容力は母性も感じますから、温かい母のような愛情を感じ、癒されることにもなり結婚したら一緒に幸せな家庭を築いていけると考えるんです。

今の家庭がうまく行かなくて不倫する場合は多い訳ですから、次の結婚には「今実現できていない事」を求めるのは当然ですよね。
正直、彼の離婚のタイミングや気持ちの変化は、こちらとしてはなかなかわかりにくいと思います。

ですので、読めない感情の波を読もうとせず、あなたが自分磨きに夢中になってください。

彼が離婚をし、あなたの元へ一人の男性として現れるかもしれません。