素敵な男性に出会っても、相手が既婚者だったらどうしますか?今回は、好きになった男性が既婚者だったらどうすべきかを紹介します。既婚者かどうかの見極め方や、気持ちの整理についても解説します。

既婚者かどうかを自然に確かめる方法

自宅の場所を聞いてみる

既婚者かどうか探りを入れるにあたっては、まずは自宅について尋ねてみましょう。もし男性が独身なら、「どこに住んでいるの?」と聞いた時にすんなりと教えてくれることがほとんどです。一人暮らしなら「うちに来る?」と言ってきますし、親と同居していれば、自宅の中には入れなくても場所は教えてくれます。

しかし、結婚していたら家族と同居していることを知られたくないので、自宅の場所を教えたがりません。何だかんだとはぐらされたら、既婚者の可能性があると思っていいでしょう。

年末年始やお盆に会えるか聞く

既婚者かどうかを見極めるには、長期休暇の過ごし方に関する答え方で判断することもできます。家族がいれば、年末年始やお盆休みといった長期休暇は帰省したり家族で出かけたりしますから、女性と出かける時間がありません。

「お正月に会える?」と聞いた時に「いや、地元に帰るから」「友達と会う約束してるんだよ」などと言って会う約束をすることを避ける場合は、既婚者の可能性があります。

夜に電話をする

何でもいいですから用事をつくって、彼に電話をかけてみましょう。できれば22時くらいがいいですね。この時間は既婚者だと出られないことが多く、コールバックもないか、あったとしても翌日以降になるでしょう。同じ会社などで会う機会があり、かまをかけるなら「昨日は遅い時間にすみません、家族サービス中でした?」と聞いてみましょう。

友人に合わせてほしいと言ってみる

誰か友人を紹介してほしいと話したときに、なんらか理由をつけて紹介することを避けようとする場合も要注意です。 当然ながら、会わせてしまうとうそがバレてしまう可能性が高いからです。

遊び人気質で、自らが既婚者であることを隠さないタイプの男性の場合は、むしろすんなり周囲にも紹介することがあります。 しかし、そうでない場合は周囲のひとにも、独身と偽って女性と会っていることを話していないことが多く、紹介できる友人がいないのです。

好きな人が既婚者だった場合の気持ちの整理の方法

やっと両想いになれたと思ったのに、相手の男性が実は既婚者だったと知るとショックは大きいもの。一度本気で好きになった後で諦めるのは辛いですし、かといって平気でもいられず、ジレンマを感じる女性は多いでしょう。好きな人が既婚者だと知った場合の対処法を3つご紹介します。

よい友達としてつきあう

好きな人が既婚者だと知ると、付き合いたいとアプローチするのは難しいもの。しかし、関わりを一切断つ必要もありません。

友人として付き合う形でもいいなら、恋人になるのは諦める代わりに友人として仲良くなれるよう頑張るのもいいでしょう。

電話やメールなどで気軽に連絡し合うような関係になれるかもしれませんよ。

片思いを楽しみつつ新しい恋をみつける

ずっと憧れていた人を本気で好きになったものの、相手の男性が既婚者だと知ったらショックですよね。しかし、逆に考えれば、それほど好きな相手と同じ職場にいて、毎日自然な形で会えるのです。両想いになれないことを嘆くより、片思いを自分なりに楽しみながら新しい出会いを待つのもおすすめ。

切り替えて次の恋愛をする

どんなに好きになったとしても、既婚者と知ったとたんに気持ちが冷めることは珍しくありません。

もし諦めるのは辛いかもしれませんが、倫理的な問題なく付き合える男性との出会いを大切にした方が、より安定した恋愛ができる可能性が高まるでしょう。

諦めると決めたらスパッと気持ちを断ち切って、次のチャンスに目を向ければもっと素敵な出会いがあるかもしれません。