夫、妻の浮気をしてるかもしれない・・・

そうだとしたら裁判を起こして事の重大さを訴えたい。

慰謝料を請求するために裁判を起こしたい。

離婚して新しい人生を進みたい!

誰にとっても身近ではない裁判だからこそ、浮気で裁判を起こすとなるとまず何をしたらいいのか?

そもそも何が必要なの?など、、不安要素や心配なことがたくさん出てきますよね。

ここでは浮気の裁判を起こす方法や、慰謝料の相場など、浮気の裁判についての知識を基礎的な部分からわかりやすくお伝えします。

裁判を起こすか迷っている方、裁判を起こそうと決心した方はぜひお読みいただき参考にしていただければ幸いです。

裁判における「浮気」とは?

手をつないだら浮気?キスをしたら浮気?2人でデートしたら浮気?

などなど、浮気の定義は人それぞれです。

手をつないだから浮気!慰謝料ちょうだい!

というわけにはいかないのが日本の裁判です。。

では、なにが裁判において認められるのか。

ずばり裁判においての「浮気」は「肉体関係」です。

どんなにあなたが浮気されたと感じても裁判を起こして認められる「浮気」は肉体関係を持ったかどうかにかかりますのでご注意ください。

浮気の裁判を起こす流れ

まずは浮気していたという証拠を掴む

先ほど説明した通り裁判においての浮気は肉体関係を持ったかどうかということ。

つまり浮気の証拠とは自分以外の異性と肉体関係を持っていたという証拠を掴めるかにかかっています。

写真

ホテルに出入りする写真を撮ったり、二人で歩いてる写真などが有効です。

旅行に行くケースもあるので旅行中の写真やクレジットの明細などを抑えとくといいでしょう。

LINEやメール

また肉体関係を持っていたことが明らかなLINEやメールなども証拠となります。

録音

それらの証拠を元にパートナーや浮気相手を問い詰め、浮気を認めたときの音声を録音したものも証拠として成り立ちます。

浮気相手と話し合いをする場合はレコーダーを持って行ったり、スマホの録音機能をオンにしたりした状態で臨みましょう。

書類を揃えて訴訟を起こす

浮気の慰謝料を請求したいだけであれば、必ずしも裁判を起こす必要はなく、浮気相手とあなたのパートナー、そしてあなたで話し合いをして合意に至れば、慰謝料を受け取ることができます。

しかし、浮気相手が慰謝料の請求を受け入れなかったり、のらりくらりとうやむやにされてしまったり、裁判を起こして事の重大さをパートナーに訴えたいのであれば裁判を起こすという流れになります。

その際は、弁護士に依頼して必要な書類を揃えてもらいましょう。

もしあなたが浮気相手と顔を合わせたくなければ弁護士が代理人として対応してくれるので安心してください。

訴訟を起こした場合、すぐにお互いが納得して合意すれば和解という形で裁判は終了します。

しかし、長期間にわたって双方が納得しない場合は裁判も長期戦になりますので、心理的な負担も大きくなってしまうことは事前にしっかりと把握しておいた方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今までの人生で裁判を起こした経験をお持ちの方はかなり少ないはずです。

誰もが不安になるかと思いますが、しっかりと必要な知識を付けておけば裁判で失敗することも慰謝料を取り損ねることも少なくなるでしょう。

浮気の裁判を起こし、慰謝料を請求するために重要なことは裁判で浮気であることが認められるかどうかです。そして、その際に必要になるのが浮気の証拠です。

もし自力で入手することに少しでも不安を感じる場合はぜひお近くの探偵事務所に相談してみてください。

尾行の技術はもちろん、遠くの写真や暗い中での撮影の技術も素人とは比べ物になりませんので、裁判において強い味方になってくれるでしょう。

もちろんすずらん探偵事務所もやっていますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

名称 浮気調査専門 すずらん探偵事務所
住所 〒420-0882 静岡市葵区安東1丁目3番15号
TEL 0120-29-4815

オフィシャルサイト

https://suzuran-tantei.com

メディアサイト

https://www.suzuran-media.net