信じていた相手から浮気され、裏切られたとわかったときは、誰もがショックで悲しい気持ちになります。
相手に対して怒りや憎しみがこみ上げてくることもあるでしょう。
しかし、相手との関係を修復したいと考えるなら、気持ちの赴くままに行動するのではなく、冷静しっかりとした対処を行わなければなりません。
どのように考え、どのように行動するべきなのか、是非参考にしてみてください。

自分の気持ちとしっかり向き合う時間を作る

相手の浮気を知った時は怒りや悲しみで問い詰めたり、怒鳴ったりしてしまいがちですが、まずはぐっとこらえましょう。確かに、浮気する本人が一番悪いのですが、ここで感情に任せて怒ってもいい結果は生まれません。ぐっとこらえ、自分の本当の気持ちとしっかり向き合う時間を作り、まずは落ち着きましょう。

相手の浮気を知って怒りが込み上げてきたのだとしたら、どうして怒りが湧いてくるのか。相手のことを本当に愛しているからこそ、裏切られたとわかったとき、許せない気持ちになったのでしょう。

そして、自分の本当の気持ちが分かったら、次に、これからどうしたいか、再び自分の気持ちと対話しましょう。

思いを率直に伝える

自分自身と対話することでわかった自分の本当の気持ちを率直に伝えてみましょう。

「今まで二人で信頼関係を築いてきて、いいパートナーになれると信じていた。私にとってあなたはかけがえのない人なのに、あなたにとって私はそういう存在になれていなかったことが悲しい。」

というように、怒りや憎しみという「二次的感情」をぶつけるのではなく、心の底にある本当の気持ちを伝えてみましょう。浮気した本人は、浮気したことに対して攻められたり怒られたりすると反発しますが、相手の率直で純粋な気持ちを知ると、必然的に深く反省するようになります。

問い詰めない

気持ちを素直に伝え、その後も問い詰めることはしてはいけません。浮気した本人は、相手が自分のことを本当に愛してることを知り、なおかつ問い詰めてこないとなると、

「なんて馬鹿なことをしてしまったんだ。相手はこんなにも自分のことを愛していて、信じてくれていたのに。もう二度とこんな馬鹿なマネはやめよう。」

と深く反省します。そして二度と浮気する気分にならなくなるでしょう。相手の浮気を根本的に治療するのです。

別れることも覚悟する

ここまで、浮気してしまった相手との修復に向けて書いてきましたが、どうしても無理な時には別れを覚悟することも必要です。

問い詰めることもなく、率直に気持ちを伝えたのに反省の色が全く見られない、何度も同じことを繰り返す、というような場合には、完全に相手に問題があるのでさっさと別れて他の人とお付き合いするべきです。あなたにふさわしい相手はもっと他にたくさんいるでしょう。

まとめ

浮気した相手と今後も付き合っていくのか、別れてしまうのか、それはあなた自身が決めることです。
ただ、いずれにしても浮気を発見した際の対処として、まずは冷静になる事が重要です。

浮気されて、問い詰めることもせず冷静でいることは相当困難なことではありますが、だからこそ意識的に冷静に振る舞うのです。そうすれば、自分の本当の望みが明確になり、おのずと選ぶべき道が見えてくるはずです。

名称 浮気調査専門 すずらん探偵事務所
住所 〒420-0882 静岡市葵区安東1丁目3番15号
TEL 0120-29-4815

オフィシャルサイト

https://suzuran-tantei.com

メディアサイト

https://www.suzuran-media.net