パートナーに浮気をされてしまうと大きなショックを受けて仕事や育児も手に付かず、食欲不振や不眠症で悩んでいるという方もいるでしょう。

また怒りから、女性のもとに直接会いにいって『今すぐ夫と別れないと、あなたの旦那にバラしますよ』と言ってやりたい気持ちになりますよね。

ダブル不倫の場合、相手女性も、自分の夫にバレることは絶対に避けたいはずですから、あえてその弱みを攻めることは、確かに有効な方法のひとつと言えますが慰謝料の相場は離婚するかしないかで変わってきます。

 

A家(A夫・A妻)のA夫と、B家(B夫・B妻)のB妻がダブル不倫をしていた場合、被害者であるA妻はA夫とB妻に、もう1人の被害者であるB夫はB妻とA夫に慰謝料請求権を行使することができます。

この時、A夫妻がダブル不倫を原因に離婚する場合は、A妻はA夫とB妻に慰謝料を請求して問題ありません。
しかし、A夫妻が離婚しない場合は、慰謝料の請求に注意が必要です。
というのも、A妻がB妻に対して慰謝料を請求した場合は、B夫もA夫に慰謝料の支払いを求めてくる可能性は極めて高いと言えますが、A夫妻が離婚せず元サヤに収まる場合は、結局A家の財布からその慰謝料を支払うことになるからです。

例えば、パートナーにダブル不倫され精神的苦痛を受けたとして離婚する場合、慰謝料の相場は200万~300万円程度になります。
離婚しなかった場合、例えば、あなたがパートナーにダブル不倫をされて、精神的ショックを受けた。その分の慰謝料は請求したいけれども、子供がいるから、離婚はしたくない。その場合、受け取れる金額の相場は50万~100万円程度になってしまいます。

しかし不倫相手のパートナーは離婚を決意。離婚するほどの精神的ショックを受けたのだからと、相場の200万~300万円の慰謝料を請求してきたら、あなたの家庭は100万~250万円の赤字となってしまいます。
「金銭的に損するから許す」というのもおかしな話ですが、実際に起こりえる話です。

このように、ダブル不倫が発覚しても離婚をしない場合は、慰謝料請求をしても意味がない場合があるので、今後の夫婦関係をどうするかを踏まえて十分に検討しましょう

家族や友人は大切な人たちだからこそ、悩みを打ち明けることができないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方はお一人で悩まず専門のカウンセラーや探偵、弁護士等に相談してみることをおすすめします。

パートナーの浮気を許すことができず離婚を考えているのであれば、プロの探偵による正しい方法で浮気の証拠を集めることが大切です。

探偵や興信所に浮気調査を依頼することでW不倫の証拠をしっかりと掴むことができ、離婚時にも有利になります。

名称 浮気調査専門 すずらん探偵事務所
住所 〒420-0882 静岡市葵区安東1丁目3番15号
TEL 0120-29-4815

オフィシャルサイト

https://suzuran-tantei.com

メディアサイト

https://www.suzuran-media.net