12月は浮気に好都合

実は12月は、年末の多忙期、忘年会シーズンと重なりやすいために、浮気の口実を作りやすいと言われています。
またこの時期の、忘年会と称した飲み会やクリスマス会は、新たな出会いの場となることもあり、既婚者や恋人がいる人でもフリーと偽って参加することも多く、「あわよくばお持ち帰り」を狙っている不届き者もいます。

12月は忘年会やクリスマスパーティーも増えるので、浮気相手と会う口実を作りやすくなります。同時に新たな出会いもあるので浮気もしやすくなります。

婚姻関係にある夫婦の場合は特に、クリスマスだろうが年始だろうが常に一緒にいるために、クリスマスに一緒にいる必要は男性からすると特に感じられないのです。

こんな行動していたらご用心

1,残業や出張が増えた

クリスマス付近で残業や出張が増えたりしたら要注意です。仕事だと言われるとどうしても疑いにくくなってしまいますが、残業や出張など仕事関連は格好の言い訳として使われます。浮気相手と会う日が事前に分かっていなくても、当日急遽残業になったと言ってくることもあるかもしれません。

2,検索履歴が怪しい

スマホやパソコンのインターネット検索履歴に、ホテルやレストランなど、自分と利用した覚えのない場所の検索履歴が残されている場合があります。あなたに隠れてサプライズで予約してくれているなら嬉しいのですが、浮気相手とデートで利用した(する)可能性があります。

3.お金の動きがおかしい

浮気相手へのプレゼントやデートの支払いなど、お金の流れは浮気の流れと繋がります。ボーナスは給料明細通りに振り込まれているか、お小遣いの使用用途は把握しているかなど、お金の流れを把握しておきましょう。

クレジットカードを利用している場合は、できたらクレジットカードの明細もチェックしましょう。小遣いが限られている場合、クレジットカードで浮気相手へのプレゼントを購入しているかもしれません。

クリスマスは浮気をしているひとの証拠を掴むチャンス

12月から年末にかけては浮気が増える時期です。この時期は浮気シーズンでもありますが、実はクリスマス前後は浮気の証拠をつかむチャンスでもあります。

浮気をしている男女にとっては、クリスマス前後はかなり高い確率で浮気相手と会う予定でいるはずです。その浮気相手と会う予定が事前に分かれば、その浮気現場を押さえることで、浮気の証拠を手に入れることができます。

クリスマスムードも相まって浮かれ気分のところで、しっかりと証拠を取って、現実に引き戻してあげましょう。

証拠を手に入れたら、浮気をやめさせるよう釘を刺す、もしくは離婚や慰謝料などの今後の対策をするなど、あなたの決断次第です。

今後どうしたいのか現状では分かりかねる場合でも、物的証拠を手に入れておくことは大切です。証拠を手に入れておけば、相手は言い逃れができないだけでなく、もし今後裁判などになった場合でも、あなたに有利な形で進めることができます。